東京ではあまり食べられない沖縄独特の食べ物たち

沖縄はその歴史から日本の本土とはまた違った特色を持っており、食文化などもまた一風違います。
その為、本土に住んでいるとなかなか出会えない名物がたくさんあります。
有名な所では、ソーキそばやミミガー、テビチー、ゴーヤーチャンプル、サーターアンダギーにちんすこうなどなど。
どれも美味しく沖縄色が豊かなものばかりです。
しかし、これ以外にも実際に沖縄に行かないとあまり見られない食べ物などもあるのはご存じでしょうか。
例えば月桃は余り本土では聞かれないものでしょうか。
ショウガ科で地元ではサンニンと呼ばれるものです。
アイスクリームやお茶、そばなどから化粧水や石鹸というコスメアイテムにも使われています。
他にも、ナーベラーンブシーと呼ばれる料理があります。
ナーベラーがヘチマという意味で、ヘチマを炒めて味噌で煮るという料理です。
これも沖縄では庶民的な夏の食べ物です。
外に出されるものだけでなく、現地の庶民料理を食べることも旅行の楽しみの一つ。
沖縄に行ったら是非食べてみると良いでしょう。

競馬総合情報社シンクタンク

シンクタンク競馬net

患者の立場になって考えられた最新の医療
当院は地域中核医療です。

デザイン・技術力に自信あり!
webデザイン作成はお問い合わせ下さい。

最新投稿